DIYなどで使われるネジの選び方に要注意!ネジの種類は多い

2017年11月25日

DIYや日曜大工にはネジを使います!

DIYという言葉が最近の日本では広まっています。日曜大工とDIYはよく混同されますから、DIYには大工のイメージが強いかもしれません。そして、DIYで大工をするとなると、おそらく必ずネジが必要になります。そのため、どの種類のネジを選べばいいかはとても重要です。ところが、ネジというのはとてもたくさんの種類があります。DIYで大工をする時は、ネジの選び方はかなり重要なポイントになります。

木材に使うネジの種類や打ち込む時に必要なこと

DIYというと、木材の家具を作ったり修理したりすることが多いです。そのため、木材への利用に適したネジを選ぶことが大切です。木材に使用するネジは、コーススレッドというものを使うことが多いです。コーススレッドというネジですが、これをそのまま木材に打ち込んだり、ねじ込んだりすると、木にひび割れが起こるがあります。特に木材の端の方にネジを使う時は要注意です。

そのためコーススレッドを使う前には、あらかじめ、木材に小さくて細い穴を開けておく必要があります。

ピクチャーレールの取り付けにはネジが必要!

美術館などで額縁に入った絵を壁に飾るには、ピクチャーレールというものが使われます。このピクチャーレールは自宅で絵などを飾る時にも使われます。そうなると、自宅でピクチャーレールを自分で取り付けて、ネジを使用することもあるでしょう。しかし、ピクチャーレールの取り付けに使用されるネジの選び方に、は慎重にならないといけません。選び方を間違えると、ピクチャーレール自体が取り付けられないなんてことがあります。また、収納品を作る時にもネジ選びは重要なポイントです。

ねじの販売となると、企業向けに大量販売のみ扱っている会社も多いですが、通販サイトは、個人向けのばら売りも対応しています。