ご近所トラブルにならないために!自宅の工事をする場合

2017年11月25日

事前の挨拶は大切です

朝の早い時間からいきなり工事が始まると、周りの住人からすれば良い気分はしないものです。そのため、何かしらの工事を行うのなら、必ず挨拶に出向くておくのが、ご近所トラブルを避けるための一番の方法です。

中にはちょっとした工事だからと省いてしまう人もいるでしょう。ところがほんのわずかな物音でも不快に感じる人がいます。決して勝手に判断せずに、とにかく一時間で終わる工事でも伝えておきたいです。

肝心の挨拶の方法ですが、洗剤やタオルなどを持って行くと良いです。そしてどんな工事をするのか、いつまでかかるのかなどを詳細に話しておきます。最後に、迷惑をかけてしまうことを謝罪する言葉を忘れてはいけません。

工事業者に言っておくべきこと

まず、工事を始める前に決められた期間内に終えてもらうようにお願いするのは必須です。天候や他の工事との兼ね合いで長引くことがあるなら、できるだけ早くご近所に謝罪します。そうしないと聞いていたことと違うといった理由で、不満が溜まってしまうからです。それ以外にも、可能な限り防音をする、ゴミはもちろんですが塗料なども飛ばさないようにといった配慮をしてもらいましょう。

意外と見逃してしまうのが駐車場の問題です。工事内容によっては多くの業者が出入りします。すると普段は空いているスペースを占領してしまうことも珍しくありません。ご近所の許可がもらえれば良いですが、無理ならしつこく交渉はせずに、有料の駐車場の利用を検討しておくのが無難です

ショベルカーなどを格安に購入したいときに便利なのは、中古の建機のオークションです。質の高い建設機械が出品されているので、スムーズに落札することができます。